途中で血圧の薬を中止できる方もいらっしゃいます。

健診などで高血圧といわれた場合、まずは薬を出さずに食事と運動に注意した生活をしていただきます。

具体的には塩分を控えること、運動することによって体重を減らすことです。

それだけで血圧が正常値になる方がいらっしゃいます。

それでも血圧が下がらなかった場合、お薬を出しますが、減塩と減量は継続していただきます。

しばらく薬・減塩・減量を続けることで次第に血圧が下がり、薬をやめても血圧が上がってこなければ薬を中止となります。

大切なのは、血圧が高いと分かった時点で早めにクリニックを受診していただくことです。

早いうちなら薬が必要でないことがあります。逆に、血圧が高い状態が長く続いていると動脈が固くなり減塩・減量をしても血圧が下がりにくくなってしまいます。