生活習慣病について

生活習慣病についての説明と、その下には院長のブログを再編集したもののリンクを貼っています。日々の診察ではお伝えしきれないものを記載しました。

生活習慣病には主に次の3つがあります。

糖尿病、高血圧症、脂質異常症(高コレステロール血症)

これらは全身の血管がいたむ原因になります。

血管は臓器(心臓・脳・肺・腎臓など)に必要な酸素や栄養分を送ります。この血管がいたんで、破れたり詰まったりするとその先に血液が送られなくなります。

いくら日々、運動をして心臓を鍛えても、読書をして認知症を予防しても、血液が送られないと心臓や脳はすぐに大きなダメージを受けてしまいます。

大事な臓器にちゃんと血液を送る。その道筋を確保するために血管がいたむのを予防しましょう。

当院では高い数値を下げるだけではなく、血管がいたんで脳梗塞や心筋梗塞などになりかけていないかというところまでしっかりチェックいたします。

糖尿病について    

高血圧症について    

脂質異常症(高コレステロール血症)について 

以下、院長のブログを加筆・再編集したものを掲載します。

HbA1cが毎年健診で引っかかる

糖尿病に引き続いて起こる病気

そもそも、血糖値って何!?

そもそも、コレステロールって何!?

糖尿病の三大合併症

  1. 糖尿病の眼への影響

  2. 糖尿病性腎症 ~ 「見えない」糖尿病の「見えない」合併症 その1

             「見えない」糖尿病の「見えない」合併症 その2

             「見えない」糖尿病の「見えない」合併症 まとめ

  3. 神経障害 ~  糖尿病性神経障害 ~ あなどれない合併症(1)

            糖尿病性神経障害 ~ あなどれない合併症(2)

血糖値を下げるしくみはひとつしかない!

インスリンについて

糖尿病のなりやすさ

お腹がすいたら水をのむ!?

ダイエットのコツ

食べ過ぎても、運動すればよい?

運動について

痛みのない病気

肥満すると糖尿病になりやすくなります。

甲状腺の病気 ~ バセドウ病、橋本病

体質の影響が大きい「脂質異常症」

尿酸値と痛風発作

高血圧

    原発性アルドステロン症

    褐色細胞腫

    クッシング症候群

緑茶について